オステオパシー(整体)について

明治7年1874年 アメリカのミズリ-州カークスビルで誕生しました。 創始者はDr.Atスティルで医者でしたが学校を作り哲学と技術と解剖を教えました。 現在では全米に30校以上の医科大学ができ、5万人以上のドクターが誕生しています。 彼らは皆一般ドクターと同じで病院、診療所、各軍隊等の医師として働いています。 ただ一般医師と違いオステオパシック、マニュピレーションテクニック(OMT)(整体)が出来る医師なのです。 オステオパシー(整体)はそのOMTを特徴として欧州等全世界に広がっていきました。 わが日本でも大正時代に一旦入って来ましたが日本では整体術として各個人の流派に取り入れられたにすぎませんでした。 昭和46年に初めて故古賀正秀先生により全日本オステオパシー協会として純粋のオステオパシー教育の機関ができ私もここに入会して学んできました。そして他のオステオパシー団体と連合して世界に通用するオステオパスMRO(J)(国際認定登録者)を教育し多数輩出してきました。

オステオパシーの原理

1.人体は一つのユニットである
2.人体は自己管理能力を持つ
3.構造と機能は互いに関連する
4.オステオパシーの施療は上記3つの原理に基づいてなされている

img_osteopathy

MRO(J)とは?

日本国内で少しでも多くの方が安心してオステオパシー(整体)の治療を受けることが出来るように「全日本オステオパシー協会」「関西オステオパシー協会」「日本オステオパシー学会」はオステオパシー世界基準を満たすための教育を自らに荷し、日本オステオパシー連合JOFを結成し、AAOの提示する基準を満たす教育 の水準を定め試験制度を確立しました。この試験に合格した者をMRO(J) [Member of the Register of Osteopaths (Japan)]と呼びます。カナダではMRO(C)と呼びます。 オステオパシー治療(整体)は豊富な医学知識に加え、指先の鋭敏な感覚を要求されます。AAOが世界的に規定し、日本ではJOFが管理するMRO(J)の資格を有する者にのみオステオパシー(整体)の安全な施術が可能なのです。院長はMRO(J)認定師でもあり各理事であり学院講師兼校長でもあります。

photo_osteopathy

オステオパシー(整体)ってどんな特徴があるの

オステオパシー(整体)は身体全体をみてその歪みを取り除き、エネルギー、体液、血液、リンパなど各種の流れをスムーズにしてその自然治癒能力を高めます。 そのために骨格、筋、筋膜、靭帯、神経系、ホルモン系、皮膚等に適切な手技を作用させていきます。 例えば、その手技の一つに頭蓋領域施療法というのがあります。 頭蓋骨はその基礎呼吸と呼ばれる動きによって頭蓋骨内部の脳脊髄液の循環に関与しています。 液の循環という流れが身体に大きく影響していくのです。 同様な事が身体の各所で血液により、リンパ液により、体液により、エネルギーによって強い影響を受けながら流れているのです。そして、
それらを阻害するのが各種の歪みです。
歪みを取れば何でも治ると云った事ではありませんが、症状は軽くなります。 症状によっては治療回数や期間がかかる場合もありますので、あらかじめご了承下さい。

お問い合わせはこちらから

施療時間
9:00~12:00
15:00~20:00
施療時間
月曜日から土曜日
午前:9:00~12:00
午後:15:00~20:00(土曜予約は18:00迄)
休診日
日曜日・祝日・土曜午後(保険施療のみ)